バイキンマン生誕の秘密。

アンパンマンはパンだし焼かれてできたのかなぁなんて
なんとなく想像はついていたが
バイキンマンはいったいどうやって生まれたのか。

それは、、、

命の星がパン工場に向かって
宇宙を突き進んでいる時
側を通った惑星から一つの卵が後を追ってきた。

なんで卵が後を追うんだw


パン工場に命の星が降り注いだのと同時に卵もアノ世界に辿り着いた。
まるで強襲サイヤ人の如く。
だが声は激震フリーザの如く。

バイキンマン襲来


そしてバイキン城の近くに着陸。

襲来前から存在するバイキンハウス



そう。
バイキンマンは生まれてから容姿がそっくりのバイキン城を建てたのではなく、
すでにバイキンマンにそっくりの遺跡が存在したのだ。

これはとても不思議で恐ろしいことだ。

ひょっとするとこの世界は繰り返しているのかもしれない。

妖精たちは、(アンパンマンの世界の住人は妖精という設定)

寿命、もしくは大きな災害や人災ならぬ妖災によって滅び
また一から同じ妖精が生まれ同じ行動を繰り返している。

考えるだにおそろしい。


ちなみにバババ、バイキーンと生まれた時のバイキンマンはこちら。

バイキンマン赤ちゃん

余談だけどバイキンマンのあの乗り物。
最初に飛ぶ前に雷が落ちブルンブルンとエンジンがかかった。
1.21ジゴワットの動力で動いていたんですねぇ。

-----------------------------------

「バイキンマン」は正式には「ばいきんまん」らしい。

しかし、やなせ氏自身もバイキンマンを表記する事があるらしいので

当ブログも読みやすい「バイキンマン」にさせていただきます。



コメントする

名前
 
  絵文字