ある回でしょくぱんまんが

バイキンマンの3倍マシーンに入ってしまい3人になってしまった。

130410_125313
130410_125401

熱血漢と芸術家肌のしょくぱんまん。

普通こういう描写の場合

分かれた方の力、心が本体から抜けてる物だが

この3倍マシーンはオリジナルがオリジナルのまま存在する優れもの。


3人のしょくぱんまんはそれぞれ

「お花畑」「バイキンマン」「パン工場」に向かった。


パン工場に向かったオリジナルはジャムおじさんにこう詰め寄った。


「お願いします!早く元に戻してください!」


「そういわれてもぉ」と困るジャミー。


そらそやろ。

嫌いやわーこういうやつ。


いくらジャミーが大天才でも

「ジャムおじさんなら、元に戻す機械は作れないでしょうか?」

でしょうが。

礼をわきまえい!


一方お花畑のしょくぱんまんは

頭の中もお花畑で、

熱血漢のしょくぱんまんは

ドキンちゃんと遭遇していた。

130410_125550

相変わらず


「しょくぱんまん様~(ハート」


なドキンちゃん。


この世界において

容姿のニュアンスが似ていれば

同一人物とみなされる。

バイキンマンのいつもの変装で証明済みだ。


しかしドキンちゃんの愛は

「いつもとどこか違うような」

とバイキンマンより遥かに似てる度の高いしょくぱんまんの「違い」に気付いた。


愛が摂理に牙を剥いた瞬間である。


その後

しょくぱんまんが3人いることに気付いたドキンちゃんは

3人の絵を書き分けている。

130410_130322


この娘の愛はホンモノやでー!

完全にアンパンマンワールドの摂理を超越した。


それでも「しょくぱんまん」への愛は変わらない。

ドキンちゃんのしょくぱんまんへの愛は

「顔」

ではないということだ。

「しょくぱんまん」その人を愛しているのだ。



その後

いつものバトルに突入したおり

熱血漢しょくぱんまんが一人バイキンマンに攻撃を仕掛けた。

「モーレツしょくパーンチ!」

130410_130143

弱い!

元々しょくぱんまん自体が弱い!

弱いくせに前に出るやつ。

そして芸術家肌を気取るやつ。

やなせ先生

しょくぱんまんをもっといい奴に書いてやってくださいm(_ _)m




最終的に3人で3倍マシーンに入ってしまい起動。


おいおい次は9人か?と思ったら

3分の1機能があったみたいで
(合体というなら3分の1じゃないが)

元の1人に戻った。



ドキンちゃんの愛に気付かない鈍感なしょくぱんまん。

しょくぱんまん以外への迷惑は平気でするドキンちゃん。


二人でヨロシクどこかで暮らす事が世界を救うだろう。


それいけ!アンパンマン ベストセレクション 新しいしょくぱんまん号誕生 [DVD]