平賀源内が元ネタなのはわかるが

「Good night」?

なぜ「ぐん」なのかがわからない。


意味なんてないのかもしれないけど

違和感ない?


そんなぐんないさんは

珍しく人らしい人型。

からくりぐんないい

子供たちと一緒にからくりを組み立てる。


そして出来上がったのが

はとぽっぽ号

はとぽっぽ号。(ゆず姫の相棒が鳩だからそこに合わせたんだね)

なかなかデカイ物を作りましたな。

建材加工の速さは素晴らしい。


艦内はなかなかモダンで

はとぽっぽ号艦内

床は飛び石のある日本庭園風。

壁はシックな色で和の壁掛け。

下部には体育館のような窓が。

シートは古いタイプのマイクロバス風。


それにしてもぐんないさん

アンパンマンのキャラっぽくないよね。


機関部はカッコイイ。

ワクワクさせる。

はとぽっぽ号機関部

あまり歯車が噛み合ってないけどそこは目をつぶろう。


相も変わらずこの行事はバイキンマンに盗み見られているのだが
(ほんとにパン工場のセキュリティはザルだな)

そのバイキンマンに

木で道をふさがれる。


その時

はとぽっぽ号がジャンプ!

はとぽっぽジャンプ

おや?

窓が見えない。

室内にあった体育館のような窓は電灯だったのかな?


それにしても

この木の塊をジャンプさせるには

相当な圧力か爆発が必要と思われる。


そんな物を子供たちと作ってしまう

ぐんないさんの指導力には目を見張るものがある。


続いて急勾配を下らされる。

「ブレーキが間に合わない!」



「効かない」とか「壊れた」じゃないところに

ぐんないさんの技術の高さを感じる。


そして坂下には湖が!

はとぽっぽ号航海モード

あぁぁ!

水が入っちゃう!!!






が、

心配する事なかれ。


このはとぽっぽ号は

エレキテルではないのである!(平賀源内が元ネタなのに!)



一安心の休憩中

バイキンマンが忍び寄る。

その時

ゆず姫の「(ぐんないさんいないけど)私も運転してみたい」という子供の好奇心でだが

はとぽっぽパンチ

ぐんないさんの

「もしもの備え」には頭が上がらない。

たかだか子供たちと遊ぶ

いや子供たちと遊ぶからこそこの備えか。

ジャム一派とDQN親達は見習うべきだろう。


このあといつものようにアンパンマンは濡れちゃうんだけど

アンパンマンを連れて逃げる時

はとぽっぽ号フライングモード

飛んだ!

流体力学も極めているとわ!


ぐんないさんの

二の手、三の手、奥の手。


未来予測、危険予測。


是非ぐんないさんにジャム一派の参謀になっていただきたい。