現代版ぽん子の兵法書

日常的な事やゲーム、アニメ等から現代を生き抜く術を学びたいブログ
(げんだいばんぽんしのへいほうしょ)

クソゲー

進撃の巨人ゲーム化

クソゲーの予感

巨人デケー!


の楽しさワクワクさはワンダと巨像で先やられてるしね。


なによりエンディングどうするかも問題だろうなぁ。

本編終わってないし

「強い敵を倒して、~編終わり」的なものもないし。


タイアップ系がクソゲーになる理由は

なぜこのタイトルでこのゲーム内容(ストーリー)なのか。

って事が多い。

この敵誰(+_+)?

とかね。


本編に登場しないゲームオリジナルキャラに歓喜する事は稀。


タイアップ≒クソゲーの方程式(方程式か?)

が成り立ちそう。



みうらじゅんが「神ゲー」&「クソゲー」ランキングBEST5を斬る!

週プレNEWS - 2013年05月06日 13:20

少年時代、ファミコンに熱狂した20代~40代の男子200人が選んだ「神ゲー」&「クソゲー」ランキングBEST(ワースト?)5を大発表! さらにその結果を、「クソゲー」の名づけ親・みうらじゅん氏にユルユルと斬ってもらいました……!

【栄光の「神ゲー」BEST5】
1位 スーパーマリオブラザーズ任天堂
2位 ドラゴンクエストエニックス
3位 ドラゴンクエストIIIエニックス
4位 ファミリースタジアムナムコ
5位 ドンキーコング任天堂



【愛すべき「クソゲー」BEST(ワースト?)5】
1位 たけしの挑戦状/タイトー
2位 いっきサンソフト
3位 スペランカーアイレム
4位 バンゲリングベイハドソン
5位 ベースボール/任天堂



***



神ゲーの結果は、まぁそりゃそうでしょ、面白いよってのが出そろってるね。



メガドライブで『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』が出た頃に、「マリオなんてダサい、今はソニックですよ」なんて飲み屋でのた まってた若者がいたからさ、「マリオがどんなに偉いか知ってんのか!」ってそれが俺の初説教。マリオは命がけで助けにいってさ、ピーチ姫のキス一発しかも らえないんだよ。そんなロンリーヒーローをバカにするなんて許さないから(笑)。だから『スーパーマリオブラザーズ』の神ゲー1位はうれしいね。



で、肝心のクソゲーのほうだけど、まず30年前にもうすでに大人だった僕は、汗水垂らして働いて、出るカセットのほとんどを 買ってたわけですよ。自腹の痛みってわかるでしょ? 特にクソをつかまされたときの(笑)。そういう切実な思いが「クソゲーム」って言葉になったんだよ。



でもクソゲーの5位は納得いかないな~。なんで『ベースボール』? これ神ゲーのほうに『ファミスタ(ファミリースタジアム)』が入ってるけど、そりゃ『ファミスタ』と比べられちゃ仕方ないけど、『ベースボール』あっての『ファミスタ』でしょ。



自分ちのテレビで野球できるってすごい革新的だったんだから。あのときリアルタイムで『ベースボール』を体験した人は、絶対にクソゲーとは言わないと思うけど。『たけしの挑戦状』が1位っていうのもな~。だってあの理不尽さとか肩透かし感は、当然開発者が狙ってやってたことだからさ。



2位の『いっき』は天下のクソゲーだよね、もはや。タイトルが良すぎ。そもそも農民がひとりふたりで戦って、それを一揆っていえるのかってとこでさ(笑)。まだ当時小学生だった人は、一揆って教科書で習ってなかったでしょ。メーカーとしては小学生でも高学年向けのつもりじゃないの。



ちなみにあまりにも方々でクソだクソだと言ってたんで、当時メーカーからお叱りを受けたこともありましたね(笑)。最近そのメーカーの人に会ったんだけど、まだ気まずくてね。でもおかげで話題になって、かなり売れてたらしいですよ。



3位は『スペランカー』か。4位の『バンゲリングベイ』も妥当なところかな。『バンゲリングベイ』は画面が揺れるから、酔うんだよね、絶えず。



だけど『バンゲリングベイ』よりも、僕としては『頭脳戦艦ガル』をクソゲーに推したいな。



そのゆえんは、もう常人には絶対にクリアできないシビアさ。そのシビアさに心地いい感じが一切なくて、ただただイライラさせら れたもんな。ドラクエの作曲家のすぎやまこういちさんと当時お会いすることがあって、同時に『ガル』をクソゲーとして挙げてて、すごい意気投合しましたよ (笑)。マイナーだったけど、それほどバチッと意見が合うってことは、やはりプレイした人は誰しもクソゲーと思ってたってことでしょ。



あとは『オバケのQ太郎 ワンワンパニック』『聖飢魔II 悪魔の逆襲』『スター・ウォーズ』なんかも入れなきゃ。操作性がすこぶる悪かった。たぶんキャラクターものは版権元にお金取られちゃうんで、開発費に全然回せなくて手抜きになっちゃってたんじゃないかと思うよ。



当時はファミコンの勢いっていうのがすさまじかったんで、全然ゲーム作ってなかったような会社でも、ウチもいけんじゃねぇかって勢いだけでどんどん参入してた時代だったね。そりゃクソゲーが量産されても仕方ないよ(笑)。



●みうらじゅん
1958年生まれ。日本のサブカルの第一人者。ファミコン初期のカセットはほぼすべて自腹購入。“クソゲー”という言葉は、氏が『いっき』を「クソゲーム」と呼称したことが由来。いつしか略されて定着


-------------------------------------------------------------

元祖西遊記スーパーモンキー大冒険が入ってないのがいただけないなぁ。

-------------------------------------------------------------


【栄光の「神ゲー」BEST5】










【愛すべき「クソゲー」BEST(ワースト?)5】











●みうらじゅん







スターウォーズ見つからず
スターウォーズ必勝攻略法 (ファミリーコンピュータ完璧攻略シリーズ)




【実機実験】元祖西遊記スーパーモンキー大冒険の秘密

伝説のクソゲーといえば?

そう元祖西遊記スーパーモンキー大冒険。

クソゲー界ではあまりにも有名です。

クソゲーにも色々ありますが、

この子
 

何がなんだかさっぱりわからない系クソゲーです。



ほぼヒントなしのRPG風ゲーム。


どこに向かうかもわからないのにワープがあったりする。
(有名な話なので「西」って事ぐらいw)

何が正解なのかもわからない戦闘。


当時無駄に斬新だった

朝→昼→夜システム。


とあるプレイヤーはこんなことを言っていました。

『ドラクエ3は元祖西遊記のパクリである』 と。

(ドラクエ3:1988年2月10日発売)
(西遊記 :1986年11月21日発売)←どうでもいいが筆者と同じ誕生月日w


そして

さらに斬新な

食料・水枯渇→餓死システム。


迷えばそれすなわち

「死」

を意味する。


どこに向かうかもわからないのに

このシステムは極悪すぎた。



この恐ろしいまでのこだわり。

むしろ良ゲーなのかもしれない。。。

そんな幻さえ見せてしまうのがそう、

『元祖西遊記スーパーモンキー大冒険』なのである。



前置きが長くなってしまいましたが

本題に入らせていただきます。


NES、SNESなどエミュレーターが横行する昨今ですが、

そのおかげで機材を要さなくてもPCさえあれば、

ROM解析などが容易にできるようになりました。


そこで

『元祖西遊記スーパーモンキー大冒険』をROM解析した誰かが、

「隠されたとあるフレーズ」を発見してしまったのです。


この事もクソゲー界ではもはや有名です。


スペース(容量・メモリ)が余ったからなのか、

はたまた知る人ぞ知る隠しフレーズを作ってみたかったのか、

それは知る由もありませんが、

そこには

「あまりに卑猥であまりに稚拙なフレーズ」が隠されていたそうです。


もちろん本編プレイ中に出てくることはありません。


しかし

それをネット上で目撃した筆者はこう思ったのです。


実機で目の前で見たい!←なんで?w

と。


そうして実験は始まったのです。

--------------------------------

 なか" いたひ" が はし" まる.. 


まずは『元祖西遊記スーパーモンキー大冒険』を起ち上げた。


10428908_353038902_1large



隠されたフレーズということでそれを目撃するためには

やはりバグった画面か?

そう思いました。


バグ画面には文字がいっぱい出てきますよね。


あの時出てくるのは、


登録された文字や、

登録されたグラフィック名?(A1、C5等進数?)、

「あ」~「ん」の50音などですので

おそらくいける気がします。



ということで

強引にバグらせてみました。

 

ガチャガチャと縦揺れ横揺れ。



当然バグるがうまいこといかない。


というか字が出ない。


そこで半分抜いてみました。

 
すると

「ア」~「ン」の文字や「A」~「Z」、「0」~「9」等の文字が出てきました。


『もう少しだ!』


そう思い抜き差しガチャガチャ揺らしを繰り返していると、

10428908_353038903_1large
(まだフレーズは隠してます)

でた!

でたぞ!


でも文章が途切れ途切れだ。。。


なんとか右下の進数?が並んでるところに文章が移動すれば全部映りそうなんだが。。。
 

そう思いまた繰り返す。


が、

一向に変わらない。


本編中にバグらせてみてはどうだろうか。


。。。
 

かなりがんばったがグラフィックがその登録名になるだけで、

それ以上に発展することはなかった。



いろんな場所で試したがだめだった。



ここまででわかった事は、


・本編(フィールド)ではグラフィックが名前に変わるだけ。

・コントローラー全押しでもちょっとづつバグる

(なんだこのバグはwと思うが
その昔ドラゴンボール大魔王復活では
バグっていきなりエンディングが見れた気が。。。
西遊記つながりか笑)

・黒画面には文字が現れない。


ということ。



もう一度タイトルに戻りガチャガチャ。


そこで気付く。


そういえばファミコンって

タイトルと本編ではグラフィックの表現方法が違うよな。

と。

だからタイトル画面でのみ文字が現れるのか。

と。

さらに気付く。


既出のバグッた画面とバグって無い画面からも考察出来るが、
 
タイトルが表現されてるところに文字が現れる。
(黒画面の所は黒いまま)


ということは、


より多くタイトルを表現させれば
(途切れ途切れではなく面を広く表現させれば)

文字も多く現れる。


ということか! !


ならば!


面の広いタイトルのFCを起動させ、

抜いてから、

『元祖西遊記スーパーモンキー大冒険』を挿せばいいんだ!



そして色々試して

セーブデータなど無い

ベストタイトルだったのがコチラ!
 

10428908_353038904_1large


ロールプレイングアクションシューティングの

『亀の恩返し』。


このゲーム中々面白いので是非プレイしてほしい。

シューティングモードではダライアスを思い出すこと請け合いだ。



ではさっそく抜いてみよう。


10428908_353038905_1large



そして西遊記を挿してみよう。

 

10428908_353038906_1large



でた!!!

でたよ!!!

お母ちゃん!!!

バッチリ出た!

さっそく画面に寄ってみましょう。

10428908_353038907_1large

う~ん、書かれているなぁ。

馬鹿だなぁ~笑


ちょっと読みにくいですけど

全文はブログには起こしません。

卑猥なのでw


一応読みにくい所だけ起こすと

「市うまれ」

「チする女ノ子」

ってところでしょうか。

皆さんも気が向いたら試してみてくださいね!


以上!

--------------------------------

-実験を終えて-

10428908_353038901_1large

はじめは無理かなぁなんて思ってましたが、

実験が成功してよかったです。

「昔」を感じることもでき

有意義な実験だったと思います。

そして何より昔の技術者バンザイ!

あんなに痛めつけても壊れないFC構造技術は素晴らしい!!

元祖西遊記スーパーモンキー大冒険
元祖 西遊記 スーパーモンキー大冒険完全攻略テクニックブック (ファミリーコンピュータ)
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ内検索
Google検索
  • ライブドアブログ