現代版ぽん子の兵法書

日常的な事やゲーム、アニメ等から現代を生き抜く術を学びたいブログ
(げんだいばんぽんしのへいほうしょ)

7

【マリオカート7】VR10000ポイント達成

130330_100035
130330_100643


下手なのが良くわかるねw

130330_101119

ゴールドシリーズのチューン。

ゴールドタイヤのオフロードクソ過ぎw


使用キャラがずっとクッパと言うこともあり

非常に苦労しました。


マリオカート7は

アイテム当てられまくるゲーム。

つまり

再スタート・加速が早い方が

圧倒的有利なのだ。


なので

VRポイントが高くなれば

重量級を使ってる人はほぼいない。


たまに見かけると親近感が沸くw


しかも

重量級のクセに

弾かれて

転落するのがやたらある。


不遇すぎでしょw


でも

自分にそういうハンデというか

足かせというか

そういうものを付けてやりたくなってしまうのは

ドラゴンボールの修行を見て育ったからなのだろうなw




マリオカート7での昨日の初体験

「1位と30秒差が付いたのでレースを終了します。」

おほっw

1位の人早すぎw

確かによく落ちるコースで

自分含め下位連中はグダグダだったけどw


結構やってるけど

こんな理由でレース自体強制終了ってのは初めてだった。






【マリオカート7】ルイージサーキット軍団【神後輪】

今日マリオカート7の通信対戦をしていると、

ルイージサーキットしか選ばない軍団に遭遇した。


そんな彼らのおかげで

たくさん一位になることが出来た。


というのも


彼らはわざと下位になり

強アイテムを取って

一番近くのプレイヤーに

執拗に当てまくる

という遊びをしていた。


とにかく近くにいるやつに。

周回遅れで抜かそうとした時もやられた。


そんなのイヤラシイ奴らじゃん

と思ってしまいがちだが、

上位争いをしてるプレイヤー達は、

彼らが強アイテムを持ち

下位でウロウロしてくれるので、

実力での勝負をしやすくなる。


そのテリトリーに入ると悲惨だが、

最初に上位争いに入れば

1位2位3位のいずれかになることが出来た。


高ポイント所持者だったので、

ひょっとすると

「マリカー7の仕様の苦しみ」

から解放する試みなのかもしれない。


無差別にマッチングされる対戦ゆえに

「軍団」に出会うのは中々難しいと思うが、

出会った時はルイージサーキットを選んで

(別に選ばなくてもいいがいわゆる「ノリ」で)

ポイントを稼ぎまくって欲しい。




マリオカート7のカスゲーっぷり

お金がなくプレイするゲームが無くなったので、
嫌になってハンパに辞めていたマリオカート7を先月からやっている。
意外にプレイヤーはまだまだいる。

ちなみにその前はスト4をしていた。
これもつまらんくて辞めていたやつ。
時間を見たら1時間程だった。
恐ろしく早くやめていたw
ジョイスティックの右上が調子悪い筆者の3DSでは中々のハードモードだった。
モンハン1000時間オーバーの支障は思った以上にデカかったのだw
そしてスト4は8割ぐらい諸々コンプした時点でまた心が折れた。
非常に難しい。

マリカーの話に戻そう。

本来マリオカートは素晴らしく面白いレーシングゲームだ。

赤甲羅、緑甲羅、バナナ、キノコ、スター、カミナリ非常にバランスがいいと思う。
戦略的にも楽しめる。
テレサもいいアイテムだった。

ところがこの7はそのバランスが崩壊している。

その一番の原因はトゲゾー甲羅。
この甲羅、1位に向かって飛んで行きスドーンと範囲爆発を起こす。
避ける術はギリギリのタイミングでキノコを使うこと。

だがしかし、
1位の時にでるアイテムはほぼバナナか緑甲羅。

キノコを持ったまま1位になって維持しようとしても、5位以下辺りがカミナリを引いてアイテム焼失。
何故か自分はほとんど引けないw

マリオカート7は順位ごとに出やすいアイテムが決まっていて、簡単にアイテムの餌食になり抜かされる。
いわゆる「全員で1位ゴール」に近い配慮なんだろう。

この仕様のおかげで「最後辺りまで1位以下で伺う」が戦略的に正しくなってくる。
これはもはやレースゲームとは呼べない。

この戦略がわかっちゃいるが採れない筆者は
一人用レースで☆3つを取るのに非常に苦労した。

その凄惨さはこの知恵袋民の投稿からも伺えるだろう
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1081791195

☆3つの条件には
全レース1位はさることながら
1位キープ率や
オフロードを走った時間
アイテムを当てた回数
落ちない
等など色々ある。

全部1位で☆2つの時に個人的にでかく感じたのは
1位キープ率や
オフロードを走った時間
転落
(1転落だけなら☆3つの時があったような)
に問題があったと思う。

これはつまり出来る限り完璧に走ることが条件になってくる。

しかし上でも述べたように
1位には悪魔のアイテムが飛んでくる。

しかもどれだけ早く走ってもCPUは基本ピッタリと憑いてくる。(SFC版の時からの仕様)

あっという間に抜かされる。

それでも何かしらの要因で差が出来ていて
トゲゾーを食らってもまだ後ろが来ないときがある。

しかし安心することなかれ。

トゲゾー赤甲羅赤甲羅スター等の4連コンボはザラにある。
4連でザラなのだから2連3連はさらに回数は多くなる。

つまり☆3を取るためには
完璧に走って
トゲゾーを投げられないことを祈る必要があるのだ。

しかしこれはCPU相手の話。
マリカーの面白さの真髄は対人戦にアリ!

と言いたいところだが、
インターネット対戦ではこれらの恐ろしさをさらに味わう事ができる。

マリオカート7の同期方法は

スト4等の通信環境によって
カクカクするが自分の行動がリアルに反映される同期方式ではなくて、

カクカクしないが足りない部分をCPUが補足する同期方式なのです。

同期から同期の間はCPUが予測して走ります。
なので起こる現象としては

・いきなり前走ってた人がいなくなる(その逆も然り)
・落ちたのに何事もなく走ってる
・アイテムの精度が極悪

等です。

アイテムについて昨日あった現象で
絶対そんな走り方してないでしょ!wってのが、

集団で抜かしていった中にスターのやつがいて転倒。

のそのそ再スタートで走りだすと
なんとそのスター、バックで戻って当てにきやがった。

そして転倒。

それどんな予測。

CPUの動きはVRというランクポイントによって極悪になるのかも知れません。

7000を越えた辺りから非常に極悪に感じられるようになってきた。

まぁとにかくスターは当てられまくる。
そしてこちらのスターには素でガンガン競って当たってくる。(相手は転倒しない)

バナナもアイテムお尻につけたまま
進路を塞いできて避けても避けてもものすごい精度で当てられる。
横からスライドしてきて当てられる時もある。

跳ね返ってきた甲羅もすごく当る。

でもVR10000まではがんばってやる!


livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ内検索
Google検索
  • ライブドアブログ