Microsoftが「25億ドル売れるiPad版Office」をあえて出さない理由


TechTargetジャパン 4月18日(木)20時0分配信







 米MicrosoftがiPad用Microsoft Officeのリリースに消極的なのは、米Appleへの反発によるものと思われる。だがその結果、Microsoftは何十億ドルもの収入源を失う可能性がある。



 米金融大手Morgan
Stanleyのアナリスト、アダム・ホールト氏が公表した投資情報によると、フル機能を搭載したiPad向けOfficeのネイティブ版をリリースすれ
ば、約25億ドルの売り上げが期待できるという。ホールト氏の予測は、iPad版Officeの小売価格が60ドルになるという前提に基づく。同氏は、
iPadユーザー全体の約3分の1が同ソフトウェアを購入すると見積もる。



 2014年までにiPadユーザーの数は約2億人に達すると見込まれており、OfficeのフルバージョンをiPadプラットフォームに移植する決断をためらう理由はなさそうに思える。



※関連記事:3年前にiPadの失敗を予想した専門家、ブログ、動画

→http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1302/08/news05.html



 だがこうした魅力的な収益見込みにもかかわらず、MicrosoftにはOfficeアプリケーションのフルバージョンをiPadに移植する具体的計画がないようだ。



 Microsoftは、iPad向けのOfficeアプリケーションを間もなくリリースする予定だが、これはMicrosoft
Word、Excel、PowerPointファイルの表示のみが可能な無償版であり、編集機能は備えていない。編集するには、Officeスイートのオ
ンライン版である「Office 365」に利用登録する必要がある。



 iOS向け簡易版Officeのリリースが遅れているのは、アプリケーション内購入の料金をめぐってAppleとMicrosoftがもめているから
だ。Appleは、iOS用Officeアプリケーション内で販売されるOffice
365のサブスクリプション価格を30%下げるよう求めているらしい。



 両社の緊張関係の影響は既に現れている。Microsoftは、Officeのモバイルアプリケーションのリリース延期に加え、オンラインストレージ
「SkyDrive」のiOS版アプリケーションのアップデートも延期した。こうした状況を見れば、MicrosoftがiPad向けOfficeのフル
機能搭載ネイティブ版のリリースに消極的なのは驚くほどのことではない。

--------------------------------------------------------

ネットカフェ時代

店では

MicrosoftではなくKINGSOFTのOfficeを使っていた。

理由は簡単。

圧倒的に値段が違う。

Microsoftは一つの契約で台数制限がある。(3台までとか5台までとか)

かたやKINGSOFTは台数制限なし。

しかも

1ヶ月の契約料金は雲泥の差。


料金による機能の差も

プレゼン程度ならほんとに問題ない。


KINGSOFTも出始めの頃は

Microsoftで言うところのパワポを印刷する時

バックグラウンドが若干ねずみ色で(画面上は白)

デフォで「白から少し色がずれてる」ので

毎度白(255,255,255)にしなくてはならなくて

メンドクサイ事などもあったが

あの頃から数年経ってるし

今では改善されているはず。(最近印刷してないからわからないけど)


見た目もほぼ同じなので

何の違和感も無く使い始める事が出来る。

互換性はワードとエクセルに関してはかなり高い

基本的に問題ないレベル。

(案内としては「使い方次第ですけど、難しい機能を使わなければ問題ないです^^」)

パワポはそこそこ。

互いに保存できるし、開く事も出来る。

(元々マイクロソフトを独禁で訴えてソースを晒させたとか噂で聞いていたが
調べると出てこないな。wikiには「あえて似せた」と書かれてるし。
さらに2008年には提携してるようだ。)


なのでネットカフェ的にはKINGSOFT様様なのです。

ヘビーオフィスユーザーはネットカフェで重作業しないと思いますし。


ただ一つあったのは

EXCEL検定とかの過去問テストか練習ソフトか

そういうのをやりたいといった人はお断りするしかなかったですね。。。

これは

Microsoftオフィスを使って練習などをするものですので

どうがんばっても無理です。


これにお答えするために数台のみMicrosoftを入れるのもいいかもしれませんが、

うちの店ではそういう方はほぼ居ませんでしたので費用対効果は完全な赤字です。

それに特化して売り出すならわかりませんが。


それと練習ソフト自体も再起動を要するインストールの場合がありますので

店PCに記憶させる作業も要ります。(ネカフェPCは再起動で元の状態に戻る)

個人的なソフトのインストール・記憶是非は管理者次第ですね。


あ、ネカフェの話になってしまったw

ま、いいかw